基本の和食器

和食器活用のコツやポイントをご紹介します



大量に食器を必要とするプロの方などは和食器を揃える場合は通販で揃えるという事が意外に多いものです。それは大抵は買いに行く手間を省くという事なのですが、しっかりとした業者を選べば安全性には何も問題は無いという事です。
通販では実物を見る事は出来ませんし、また、きちんと商品が届くのかという所も心配になるものですが、基本的に実店舗をきちんと構えているなどのしっかりとした業者さんであれば信用して大丈夫でしょう。

通販の和食器の品質の安全性について

通販の和食器の品質の安全性 和食器の通販は飲食店向けなどを中心に多くの業者さんが手掛けています。カタログなどの紙媒体やインターネットなどで注文する事が出来ますが、注文する数が多い場合や高額商品を注文する場合などはきちんと自分が届くのか?など安全性について心配になる事もあるでしょう。
これは和食器に限った事ではありませんが、通販では商品を実際に目にする事はありませんし、店側とのやり取りもほとんどの場合は文書かメールでしか行われません。ですので高額商品を注文したとなれば多少不安になるのは当然ですし、それがオークションを利用したものであったりした場合は尚更になるでしょう。
こうした安全性を確認したい場合は、店舗情報や出品者情報などを活用し、その出品者について調べてみるのが近道です。

和食にぴったり!和食器を通販で揃えよう!

和食にぴったり!和食器を通販で揃えよう! 現代はインターネットが当たり前の時代です。スマートフォン、パソコン、タブレットと、誰もがどこででもインターネットを通して、色々な事ができるといっていいでしょう。それはSNSで誰かと繋がったり、オンラインゲームであったり、最新のニュースを知る事であったりまさに十人十色といえます。中にはインターネットでショッピングを楽しんでいる人も多いのではないでしょうか。
ネット通販の最大のメリットは好きな時間にショッピングができる事ですが、それ以外にもお店を何軒もハシゴせずとも、色んな品物を比べる事ができるという事です。有名なショッピングサイトから、ショップのホームページまで好きなだけ閲覧できるわけですから、忙しい人にはなくてはならないショッピングツールです。そしてネット通販では買えないものはないのではないかと思うくらい、本当に様々な品物があるわけですから、近隣では購入が難しいものも簡単に購入する事ができます。
例えば食器ですが、これはどこでも買えるようでいて、実はなかなか気に入ったものにめぐり合えないものではないでしょうか。中でも和食器などは、地味ながら塗り方や模様まで奥深いものが多く、気に入ったものを揃えるとなるなかなか大変な作業です。また、健康にいいのは和食とわかっていても、どうしても洋食やファストフードになりがちな人もいるでしょう。そういった人は形から入るのも一つの方法かもしれません。和食にぴったりな和食器を揃えることで、食生活を変えていけるかもしれません。

おすすめ和食器関連サイト

使うほどに魅力ある全国各地の伝統的な器を取り扱っています

和食器 通販

新着情報

◎2018/5/21

窯元によって作風が違う
の情報を更新しました。

◎2018/3/13

無地の和食器は使いやすい
の情報を更新しました。

◎2018/1/25

贈り物に最適なブランド和食器
の情報を更新しました。

◎2017/11/28

「小吸椀」の特徴
の情報を更新しました。

◎2017/8/8

「箸洗椀」の使い方
の情報を更新しました。

◎2017/6/28

サイト公開しました

「和食器」
に関連するツイート
Twitter

日本の伝統工芸を応援😄 Amazonから小石原焼を探しました! (誤報があれば申し訳ありません) アマゾンのセールスランク 4614 位! 和雑貨 和食器 福岡県伝統工芸品 小石原焼 蔵人窯 飛びかんな マグカップ コ… 小石原焼きのマグカップ(コップ) 素朴で温かい 丁寧な…

陶磁器製造販売の大東亜窯業 新和食器ブランド「菊花」投入 ステイホームの食卓と料理演出 花びら形状、圧力鋳込みで成形

陶磁器製造販売の大東亜窯業 新和食器ブランド「菊花」投入 ステイホームの食卓と料理演出 花びら形状、圧力鋳込みで成形(中部経済新聞)

【華蝶扇】選べる2色 取り皿 16.7cm 五寸皿 日本製 国産 美濃焼 陶器 食器 和食器 しのぎ けずり 菊花 お皿 プレート マルチプレート 中皿 取り分け皿 銘々皿 パン皿 ケーキ皿 サラダ皿 デザート皿 北欧 カフェ風  おうちカフェ  おしゃれ かわいい ナチュラル | ROOM

陶磁器製造販売の大東亜窯業 新和食器ブランド「菊花」投入 ステイホームの食卓と料理演出 花びら形状、圧力鋳込みで成形(中部経済新聞)